欠韓新聞

5ちゃんねるや大手ブログと話題が被らないよう、数日遅れのマイナー記事を中心に発信します。

またサムスン大勝利

中国TCLはサムスンの真似をしたが失敗

中国メーカーのTCLは、開発中のフォルダブルフォンを今年末頃までに発売する予定

だったが、コロナ19による部品調達コストの上昇や遅延により断念した。

これにより実際の投入が1年以上遅れることが予想される。

f:id:kekkanshinbun:20210914180015g:plain

左がTCLで右がサムスン

TCLが発売を予定していたフォルダブルフォンは「シカゴ」というコードネームで、

サムスンギャラクシーZフリップ3と同様クラムシェル型の折畳式スマホである。

ギャラクシーZフリップ3が999ドルなのに対して、シカゴの販売予定価格は800ドル

市場関係者らは、この程度の価格差ならばブランド信頼力が圧倒的に高いサムスン

選ぶだろうとしていた。

性能に関してはCPUはサムスン、カメラはTCLとどちらも一長一短だが、肝心の折畳式

ディスプレイの耐久性はサムスンの方が上だ。

(ヘラルド/朝鮮語/2021.9.13)

--------------------------------------------------------------------------------------------------

韓国メディアいわく、国内はもとより欧米でも大人気だそうですよ。

シリーズも3代目となり、スマホの一形態として十分浸透しているんだそうです。

ガラゲー時代はNECの折畳携帯を愛用していた私も、実は欲しかったり・・・(笑)

胸ポケットにすっぽり収まるというのは結構な魅力なんですよね。

折りたためば即中断というのもいい。

画面中央の折り目は確かに薄っすらと残るそうですが、そういうのを許容できるなら

買ってみるのもアリかと。

 

コメントにて記事の感想などをお聞かせ下さい!

投票する? にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ押しちゃう?