欠韓新聞

5ちゃんねるや大手ブログと話題が被らないよう、数日遅れのマイナー記事を中心に発信します。

韓国のデリバリー大乱

1日50万ウォン稼ぐ宅配ライダー続出

クーパンイーツ」からのプロモーションメッセージが、宅配ライダー達のスマホ

一斉に送信されて来た。

「クーパンイーツのスーパーウィーク! 1件の配達で最大22,000ウォン!

通常の相場が1件4,000~5,000ウォンだから、最大で5倍近い収入になる訳だ。

f:id:kekkanshinbun:20211016125824j:plain

清々しいクーパンイーツ配達員

首都圏で宅配員達をブラックホールのごとく飲み込んでいるクーパンイーツの戦略に、

宅配アプリ業界1位の「ベミン」と2位の「ヨキヨ」は緊張している。

この先には年末商戦も控えているからだ。

ネット上では、1日で40~50万ウォン稼いだというライダー達の収益認証ショット

話題になっている。

クーパンに人員が殺到すれば他の2社はその分配達が遅れることとなり、レストランや

注文客の不満は溜まるしかない。

そこを狙って人気飲食店の契約を奪い取り、消費者拡大を狙うのがクーパンの戦略だ。

これはクーパンがソウル江南などで取ってきた手法だが、今やソウル全域に広げようと

している。

f:id:kekkanshinbun:20211016130210j:plain

宅配アプリ三つ巴

コロナ19でホームパーティーなどが増え、宅配プラットフォーム各社は売上の多くを

年末シーズンにあげるとこが分かっているのだが、ベミンとヨキヨはいまだ静観中で

有功な対策を打ち出せてはいない。

2019年には、3社合計で宣伝費用1,000億ウォン規模のシェア争奪戦が行われた。

今回の大乱はそれを上回ると見られている。

(韓国経済新聞/朝鮮語/2021.10.12)

--------------------------------------------------------------------------------------------------

ヨキヨはドイツ企業が運営するサービスで、その後ベミンを買収し圧倒的なシェアを

確保したのですが、公取委が不当競争に当たると判断して片方の売却を命じました。

ドイツ企業はヨキヨを放出、それをSGグループが買い取ることになって現在手続き中。

そのゴタゴタしている間隙をついて、クーパンが2度目の大攻勢に出たようです。

そもそもライダー人件費の高騰で、宅配アプリ各社とも赤字続きなんだとか。

コスト上昇分を店側や消費者にそのまま転嫁すれば、みんな逃げてしまいますよ。

だったら他所を潰してしまえと、資金が潤沢なクーパンが焼畑商業に出るんですね。

チキンチェーン店は自前の宅配ライダーを抱えているんですが、そういう所へも当然

影響は及びます。

配送コストが上がったからと迂闊に値上げは出来ないので、最終的に泣きを見るのは

チキン屋の店主となるのかな?

 

[関連記事]

コメントにて記事の感想などをお聞かせ下さい!

投票する? にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ押しちゃう?