欠韓新聞

5ちゃんねるや大手ブログと話題が被らないよう、数日遅れのマイナー記事を中心に発信します。

223匹の保護犬を助けて・・・!

1人で世話をしてきたおばさんの悲痛な叫び

捨て犬223匹を収容している私設シェルターが撤去の危機に曝されてている。

1人で犬たちの面倒を見てきた所長のオさんは、現在置かれている悲痛な状況を訴え

助けを求めた。

f:id:kekkanshinbun:20211027112827j:plain

既に過密状態

この非営利保護施設はグリーンベルト(緑化による開発制限)区域に置かれているが、

そもそも不法建築物であり、今年11月末までに撤去する必要がある。

今まで賦課された罰金だけでも6千万ウォンを超えていて、今回撤去しなければ再び

4千万ウォンの罰金を追加納付しなければならない。

そのため現在の施設を撤去して、規模を25%ほどに縮小したビニールハウスを作って

犬たちを収容する計画だ。

しかし既存施設撤去とビニールハウス新設に1~3億ウォンの費用が必要となるため、

外部からの資金援助がなければ不可能な状況に追い込まれている。

シェルターはボランティアの力と寄付金のおかげで何とか維持してこれたが、毎月の

エサ代だけで800万ウォンかかり、犬の治療費の累積負債も2億ウォンを超える。

現在の施設の土地は当局に押収された状態だ。

オさんは「預金通帳に200万ウォンほど残っているが、万一の事態に備えて手を付ける

ことができない」「寄付金だけが頼みの綱だ」と訴えた。

f:id:kekkanshinbun:20211027113220j:plain

オさん(54)

SNSで呼びかけ募金活動もしている。

シェルターの運営を始めたのは2016年からだ。

ソウルの教会で20年間伝道師として務めてきたが、健康が悪化したため故郷に戻り、

そこで食用として売られていた22匹の犬を保護したのが始まりだった。

それからというもの、虐待を受けたり安楽死を待つ犬たちを引き取るうちに、現在の

規模まで膨らんだという。

このシェルターに助力してきた獣医は「移転で狭い場所に詰め込まれればストレスの

心配が増える」と語り、大統領府請願サイトに撤去の延期を訴える計画だという。

しかしグリーンベルト内の不法施設であるため、当局も助けに出ることは難しい。

周囲には民家があり、騒音と汚物の臭いで苦情が絶えないという問題もある。

聯合ニュース/朝鮮語/2021.10.19

--------------------------------------------------------------------------------------------------

こういう問題はコメントしづらいわ・・・・・。

手に負えない数の犬を保護するのが間違いとするなら、それはそうなんでしょう。

「こうすべき」という考えは、私を含め皆さんそれぞれがお持ちだと思います。

ペット遺棄問題悪徳ブリーダー問題は当然日本にもありますからね。

 

[関連記事]

コメントにて記事の感想などをお聞かせ下さい!

投票する? にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ押しちゃう?