欠韓新聞

5ちゃんねるや大手ブログと話題が被らないよう、数日遅れのマイナー記事を中心に発信します。

ノーベル賞を諦めるのはまだ早い

韓国には「世界上位1%の科学者」が46人もいる

今年も韓国はノーベル賞を貰い損ねた。

だが専門家らは、政府が基礎科学分野の研究事業を推進してからまだ30年にも満たない

ので、特に悲観する必要などないと言う。

100年以上前から基礎科学に投資している米国・ドイツ・日本などの先進国と比較する

こと自体ナンセンスなのだ。

f:id:kekkanshinbun:20211022210305j:plain

左は平和賞受賞の金大中 右は韓国人受賞者か議論が続くチャールズ・ペダーセン

A名誉教授は「今まで産業技術発展にのみ焦点を合わせてきたので、なぜノーベル賞

取れないのかという問いは無意味だ」と話した。

B研究院所長は「ノーベル賞シーズンになると、国籍基準で25人の科学系受賞者を輩出

した日本と比較したがるが、向こうは1900年代初頭から基礎科学分野へ投資しており、

我々はまだその半分にも満たない」と述べた。

韓国政府はノーベル賞受賞を目的として、2011年にIBS基礎科学研究院を設立。

その際ベンチマーキングしたのがドイツの「MPG」と日本の「理研」だ。

MPGは単一機関としては最も多くのノーベル科学賞を出しているし、理研からも3人が

受賞している。

だが100年を超えるこれらの機関と比較するには、IBSの歴史はあまりにも短い。

確かなことは、韓国もここ10年で著しい成果を上げているという事実だ。

韓国科学技術評価院の分析によると、韓国の研究資源と研究活動などを基準に算出した

革新能力指数はOECD中で8位を記録。

IBS創設以後は、世界最高出力の超強力レーザー装置など様々な最先端機器が導入され、

これまで無縁だった分野での研究も可能となっている。

2028年稼働予定の韓国型円形放射光加速器OASISは、他国の追従を許さない世界最高の

超絶スペックだ。

放射光加速器は、これまで30個ものノーベル賞をもたらした「受賞者の産室」である。

f:id:kekkanshinbun:20211022210731j:plain

全世界の頂点へ君臨するOASIS(完成予想図)

世界的な影響力を持つ韓国の研究者も着実に増えてきた。

学術情報会社クラリベイトが発表する「世界上位1%の科学者」には、韓国人がなんと

46人も含まれているのだから驚くほかない。

※直近10年での論文の分野別被引用数を基に算出される。

クラリベイト社が予測した「ノーベル賞候補者」にも、今まで4人の名が上げられた。

2002年からこれまで、この候補者リストに登場して実際にノーベル賞を受けた人は、

17%の61人に達している。

今年2021年に受賞したドイツの化学者は、12年前にこのリストに名を連ねた。

つまりこれまで候補者リストに名が上がった韓国人の4人にも、受賞の可能性は十分

残されていると言えよう。

世界はむしろ、このように短期間で世界レベルへと成長した韓国に注目している。

科学の分野でも「漢江の奇跡」を成し遂げようとしているのだ。

※まだまだ自慰は止まらないので、これ以下の残り半分は省略。

毎日経済新聞/朝鮮語/2021.10.15](意訳で誇張された表現が含まれます)

--------------------------------------------------------------------------------------------------

まぁアレです・・・・・毎年同じような記事が出て来る訳ですが、有望な研究成果を

出している韓国人科学者が増えているのは確かだと思いますよ。

後は焦らず黙って待つか、早くよこせと騒ぐかの違いですね。

永遠の文学賞候補コウン先生(88)は、さすがにもう受賞の目は無いでしょう。

セクハラ事件で有罪確定してますから。

 

コメントにて記事の感想などをお聞かせ下さい!

投票する? にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ押しちゃう?