欠韓新聞

5ちゃんねるや大手ブログと話題が被らないよう、数日遅れのマイナー記事を中心に発信します。

韓国のピアニストが日本征服

まさか日本での人気がこれ程とは・・・!

趙成珍は世界で最も人気のあるピアニストだ。

クラシック愛好家が多い日本でも、趙成珍の名声は天に昇っている。

圧倒的な才能と豊かな音楽性を持った、現代で最も優れた演奏家」というのが日本の

マスコミの評価だ。

詩的でありながら堂々としていて、柔らかいながらも壮大で多彩な表現と音楽解釈は、

聴く者に普遍的な共感をもたらす。

どこぞのオーディオ雑誌の提灯記事かよ・・・

日本のクラシック音楽雑誌「月刊ショパン」10月号で趙成珍スペシャルインタビューが

メイン記事として組まれ、当人が表紙を飾った。

f:id:kekkanshinbun:20210921141131j:plain

ご尊顔

この雑誌は毎月のように趙成珍に関する記事を掲載し、2015年にショパンコンクール

優勝した時にも特別インタビュー記事を出していた。

韓国クラシック音楽界が輩出したスーパースターに、今後も注目が集まるだろう。

(韓国経済新聞/朝鮮語/2021.9.19)

--------------------------------------------------------------------------------------------------

クラシック愛好家ならほぼ間違いなく知っているであろう超有名人です。

もちろん私は知りませんよ(笑)

1994年生まれということですから、現在27歳でしょうか。

これまでの国際コンクール受賞歴には華々しいものがあります。

NHK交響楽団とも共演したことがあるそうで、コンクール以外でも何度か日本で演奏

しているんでしょうかね。

まぁ私のクラシックへの興味は、諏訪内晶子で止まってるんですが・・・。

 

コメントにて記事の感想などをお聞かせ下さい!

投票する? にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ押しちゃう?